肝臓の数値を正常に保つ|病気リスク回避のススメ

予備軍も含めて考える

栄養剤

糖尿病にならないようにするには食事が重要なポイントになってきますが、なかなか思うようにいかない場合もあります。効果のあるサプリメントであれば通常の生活をしながら血糖値のコントロールができて疲れにくくなります。

もっと見る

健康にも美容にも

ハチミツ

プロポリスはミツバチが巣を清潔に保つために作る物質で天然の抗生物質ともいわれます。特に効果の高い原液は健康食品として人気です。プロポリスには美肌効果やアンチエイジング作用もあり、女性にも注目されています。飲み物に混ぜて飲むなどの工夫をして毎日の生活に取り入れるのがおすすめです。

もっと見る

補って健康を手に

栄養剤

オメガ3は不飽和脂肪酸に分類され、リノレン酸やDHA,EPAなどを含みます。食材でいえば青魚の脂や亜麻仁油、えごま油に含まれますが、食事で摂るにはハードルが高いため、サプリの活用を検討しましょう。サプリは携帯に便利なので気軽に継続することが出来ることから、健康維持には賢い選択と言えるでしょう。

もっと見る

肝硬変や脂肪肝のリスク

ストレッチする人

特定検診の結果は

肝臓に関係する検査は主なものを数えただけで10以上あります。その中でも健康保険などで40歳以降の検診が義務づけられている特定検診で必須となっているものに、ALT(GPT)、AST(GOT)、γ-GTPの3つの数値があります。それぞれの基準値はALTとASTが30IU/L以下、γ-GTPが50IU/L以下とされています。これらは肝臓から血液中に漏れていったものの種類や量を表しています。肝臓から何かが漏れるということは、肝臓に異常をきたしているからにほかなりません。ALTの数値が31以上あった場合は、医師に相談しましょう。ほおっておくと肝硬変を発症するおそれがあります。又、ALTの数値が高いと糖尿病を発病するリスクが高まるというデータもあります。

オルニチンの摂取が効果的

ALTの数値が基準値以内だったとしても油断は禁物です。お酒をよく飲む人は脂肪肝の発症率が高いようです。肥満や糖尿病の人も脂肪肝になりやすいので注意が必要です。肝臓の病気を予防するためには、普段から暴飲暴食は避け適度な運動を取りいれて体重管理を行いましょう。また、オルニチンを含むサプリメントの摂取も効果的です。オルニチンは肝臓の働きをサポートしたり、血液中のアルコールを分解してくれます。しじみに多く含まれています。ただしオルニチンは体内で蓄積できないので、こまめに摂取することが大切です。オルニチン成分の配合されたサプリメントなどを上手に活用するといいでしょう。摂取量の目安は1日当たり500〜1000mgほどとされています。